高価な服の保管法
クリーニング屋から持ち帰ったまま、タンスにしまうと、気を付けて保存しておいたはずの洋服が、形くずれしてしまっていることがあります。

その1:ハンガー
クリーニングに出すと、たいてい針金ハンガーが付いてきますが、ハンガーにつけたまましまいこむと、時間が経つにつれ、肩の部分がダラーンと形くずれしやすくなります。
とくに、革ジャンやスーツ、セーターなど、重いものは、しっかりしてサイズも合ったハンガーに吊るすことが大切です。
その2:ビニールカバー
クリーニング店では、洗濯ずみの洋服にビニールをかけてくれますが、このビニールをかけたまましまいこむのも問題なのです。
湿度の高い日本では、蒸れが原因で形くずれすることもあります。
ほこりを防いで風通しをよくしておくには、ビニールよりも紙か布をかけた方く、通気性のある洋服用のカバーも手頃な値段で売っていますので高価な洋服は入れ替えるようにしましょう。
その3:収納
タンス、収納ボックス、クローゼットなどは、ギューギュー詰めにしないことが大切です。
ギューギュー詰めにすると洋服がヨレヨレになりやすいので気を付けましょう。
とくに、革製品はたたんで保管してはだめです。
いったんたたみジワがつくと、なかなか元には戻らないので気をつけましょう。
その4:防虫対策
防虫剤を入れているのに大切な衣類が虫に食べられてしまったという方が多いようです。
防虫剤を適切に使っていないのが原因だと考えられます。

市販されているほとんどの防虫剤は、ガス化した防虫剤が収納場所に充満し、虫を防ぐタイプの防虫剤ですので、密閉した状態で使うと、とても効果のあるものです。

開け閉めが頻繁であったり、隙間が空いていたり、ギューギューに詰め込んで衣類を収納している場合は、せっかくの防虫剤も本来の効果を発揮できないのです。

防虫剤がガス可した気体は、空気より重いので、衣類より上の場所に置かないと効果は半減します。
防虫剤の置く場所にも気をつけなければなりません。

衣類の虫や卵を発見したら、アイロンなどのスチームで衣類を蒸すと、熱で虫や卵は死んでしまいます。

腰痛と便秘
デトックス、便秘解消

腰痛と便秘が
両方ある方は
便秘から
治すと効果的