部屋を広く見せる法
同じワンルームマンションでも、部屋が広く見えたり、狭く見えたりします。
狭い部屋でも、ちょっとした工夫でゆったりと広く見せたいものですね。

あなたの部屋の色を統一しましょう。
原色や派手な模様のものなどは部屋を狭く感じさせます。
広く見せたいなら、捨てるか隠すかして、色を統一させましょう。

簡単にできるのは、白に近い明るい色を基調とするシンプルな部屋作りです。
圧迫感を与えず、実際以上に部屋を広く見せる効果があります。

次に重要なのはカーテンやブラインドの使い方にあります。
壁と極端なコントラストが出ないよう、壁と同系色の薄めの色を選びましょう。
そして、窓の大小に関係なく、高い位置から床まで垂らすようにして、柄は無地か小さめのものを選んだ方が部屋が広く見ます。

床も、部屋全体の雰囲気に大きな影響を与えます。
部屋を広く見せたいなら、できるだけ床を見せましょう。
特に部屋の中央辺りには大きなスペースを作るように心がけてみましょう。

家具類の高さをそろえ、視覚的にすっきりさせましょう。
家具類を低いものでまとめ、物の上面が見えるようにすると広く見えます。

狭い部屋を広く見せるには、視線の「抜け」を作るのがオススメです。
部屋の入口からもっとも遠いコーナーには物を置かずポスターなどを飾って、できるだけ遠くへ視線を引きつけるようにしましょう。

広く見せるためには照明も重要で、部屋の真ん中にひとつは狭く感じさせます。
間接照明や、部屋の一部分を照らすポイント照明がおすすめです。

同じ部屋でも、ちょっとした工夫で広く見えたり狭く見えたりするものです。

腰痛と便秘
デトックス、便秘解消

腰痛と便秘が
両方ある方は
便秘から
治すと効果的