朝の寝起きが悪い方に

朝がつらい!

寝起きは頭がもうろうとして体がだるかったりして辛いという方が若い方には特に多いようですが、原因のひとつに、睡眠中に脳や心臓への酸素供給量が減少することが関係しています。

いやな気分のままの寝起きは、その日の活動に悪影響を与えるばかりでなく、ふらつき気味の行動は事故やケガの原因になったりします。

そこで、目が覚めたら、起きあがる前にお布団に入ったままで体をスッキリさせる腹式呼吸をおすすめします。

腹式呼吸
呼吸の方法には、息を吸ったときに胸がふくらむ胸式呼吸と、おなかがふくらむ腹式呼吸があります。

おすすめなのは腹式呼吸です。胸式呼吸よりも腹式呼吸のほうが1回の呼吸で肺に入る酸素量が格段に多いのです。

腹式呼吸のやり方は、おなかのなかに空気が入っていくような意識で鼻から大きく息を吸い、おなかをへこませながらゆったり鼻から息を吐きます。

手をお腹に置いてお腹が動いているのを確かめるようにすると腹式呼吸の感覚がつかみやすと思います。

これで酸素が大量に供給され、体と頭がスッキリしてきます。
  

大切なのは
自分の乳酸菌
を増やすこと

乳酸菌生成エキスのラクティス

ラクティス
乳酸菌
生成エキス

乳酸菌生成エキスとはヨーグルトのような乳酸菌そのものではなく、自分自身のお腹にすんでいるマイ乳酸菌を増やしてくれるものです。