腰痛・TOP   便秘と腰痛 

便秘の時に腰が痛くなるという方もいらっしゃるでしょう。
慢性の病気が腰痛を起こしていることも多いのです。

腸は腰の内側にありますので、腸の不調が腰に影響しやすいのです。

便秘が原因
便秘になると腸内に便が溜まるだけでなく、
便からガスも発生します。
それらが腸を膨らませてしまうことで、
腸の周りの内臓や血管、神経などを圧迫し、
血液循環の悪化などを引き起こします。

血液循環の悪化したところでは疲労物質も溜まってしまいます。
その結果、腸のまわりの腰で痛みを感じやすくなってしまうのです。

腰痛は便秘だけで起こるというよりは、骨盤の歪みなどと互いに影響をしあいながら引き起こされる場合もあります。

便秘によって腰痛が引き起こされている場合には、便秘を解消することによって、腰痛も解消されることがほとんどです。

便秘による腰痛は血流の悪化によるものなので、血流改善を行うことで腰痛の痛みを緩和していくことができます。

便秘と腰痛が同時におこっている場合は、腸が元気になり便通がスムーズにできるようにすることが大切です。

食物繊維の多い食事や有酸素運動で、便秘解消をしましょう。

生活習慣の見直し
便秘も腰痛も、日頃の生活習慣から発生することが多く、
しかもその原因が共通していることが多いのです。

例えば、毎日、長時間のデスクワークで同じ姿勢でいる人は、骨盤が歪んだり血行不良になったりして腰痛二真理安いわけですが、一方でこのタイプの人は、運動不足になりがちでもあるため、便秘にもなりやすいわけです。
運動不足や姿勢には特に注意しましょう。

食事で食物繊維や乳酸菌を増やすように心がけるのも効果的です。

おすすめの解決策
腸が便秘でふくらみ近くの神経や血管が刺激されているので、マッサージや湿布薬ではほとんど効き目はありません。
この便秘腰痛を繰り返していますと、神経の記憶作用が働き、便秘の時には腰痛を引き起こしてしまうようになるのです。

わたしのおすすめは乳酸菌生成エキス・智通で腸を健康にして便秘と腰痛を解決することです。

下剤の注意事項
便秘解消がうまくいかず下剤に頼る方もいますが、おすすめできません。
下剤は、どうしても出なくて苦しいという時だけにしてください。
下剤の連用は腸を悪化させます。