腰痛・TOP   腰に塩を塗る

腰痛がおきてすぐに行うのではなく、予防や回復期に行ってください。

塩の入った温泉はポカポカ暖まる、湯冷めしない、抹消血管の血流が良くなる、などの効用があります。
冷え性、肩こり、腰痛などに効果があります。

入浴時に体に塩を塗る健康法は昭和の初めごろまでは日常的によく行われていました。

@ 湯ぶねにつかって体が十分あたたまったところで、塩を両手にとり、背骨に沿って上から下へと腰全体に塩を塗り込みます。

A 塗り終えたら、しばらくそのままにして、発汗して塩がとけるのを待ちます。
塩が水にとけてイオン化することで、塩の膜ができますから、濡れた体をぬぐわずに塗るのがコツです。
過度に塩マッサージをすると角質をとりすぎて皮膚を剥き出しにしてしまい、皮膚を痛める場合がありますから、様子を見ながら過度にならないようにしましょう。
B あたたかいタオルで腰を軽く押さえていると、汗で塩が流れるのを防ぎ、またタオルの熱が保温を助けてくれます。
3〜5分ほどたったら、かけ湯やシャワーで体の表面に残った塩を洗い流し、もう一度よくあたたまってから出ます。
塩マッサージの後は体と浴槽の塩分を洗い流してください。
浴槽の金属部分もきれいに洗い流さないとサビなどで浴槽を痛めます。

お花屋さんリンク集
お花屋さんリンク集



乳酸菌ラクティス格安