冷え性に蜂花粉・慧達

冷えは女性に多く、血行不良や更年期などが関係していると考えられています。

冷えの原因

冷えの原因は生活習慣にあると考えられます。

特に、食生活の乱れが冷えの主な原因になります。
加工食品を取りすぎると、タンパク質・脂肪・糖分の過剰摂取され、
逆に、ミネラル・ビタミンは不足傾向になります。

無理なダイエットをすると更にミネラル・ビタミンは不足してしまいます。
ミネラル・ビタミンの不足が、冷え、低体温、生理不順、貧血などを引き起こす原因になるのです。

ミネラル・ビタミン不足で冷え性・冷え症になる

私たちは、食べ物に含まれる糖質からエネルギーや熱を作り体温を保っています。
糖質は体内で消化、ブドウ糖として吸収され、酵素の働きでエネルギーや熱に変化します。
こうした体の仕組みによって、私たちの体温は保たれているわけです。

ミネラルやビタミンが不足してしまうと、食べ物からエネルギーや熱を作ることができず、体温が上がらなくなり、冷え性になってしまうのです。

体温が1℃下がると、免疫力が低下するなど健康に悪影響があるといわれています。
また、体温が低いと、基礎代謝が低下し、新陳代謝が悪いため、太りやすくなるとも考えられます。

冷えの解消に慧達

NHKの「ためしてガッテン」で、70歳以上の5人に1人が
新型栄養失調と衝撃の報道がありましたが、
食生活のかたよりで多くの若い人にも同様の栄養不足がみられます。

カロリーばかり多くてミネラルやビタミンが不足しているわけで、
肥満型の栄養失調といったところです。

新型栄養失調による低栄養は、冷えや、貧血、さらには
脳出血、肺炎、骨折など多くの病気を引き起こしてしまいます。

ミネラル・ビタミンを豊富に含んだ食事をするのは大変です。
外食や偏った食事が多い方には、慧達(えたつ)をおすすめします。