蜂花粉とは

蜂花粉 とは、蜜蜂が集めてくる花粉のことで、
蜜蜂は花粉を後ろ足で団子状に丸めて足につけて持ち帰ります。

団子状にするときに蜜蜂から分泌される酵素で固めた花粉団子を作ります。
蜜蜂は自分で食べる栄養源として、又、ローヤルゼリーの原料として
貯め込んで女王蜂を育てたりするのです。

ハチ花粉はビーポーレン(BeePollen)ともいわれています。
Bee はミツバチやハチ、
Pollen は花粉のことです。

蜂花粉はパーフェクトフード

蜂花粉はパーフェクトフードと呼ばれています。
蜂花粉にある栄養素は人間の生命維持に必要なものが
全て含まれると言われています。

蜂花粉には16種のビタミン
(A・B1・B2・B6・B12・D・E・C・K・葉酸など)、
16種のミネラル
(カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、鉄など)、
20種のアミノ酸、18種の酵素、必須アミノ酸など約90種もの
栄養素が含まれています。

約90種もの栄養素を含む完璧な食品とされている蜂花粉には、
他の食品よりも高い鉄分とたんぱく質が含まれ、
それに加えビタミンAとB、カルシウムも含まれているため、
非常にすぐれたエネルギー源で、人体細胞の新陳代謝を促進し、
健康維持に役立ちます。

最近では、若い女性の美容だけでなく、高齢者の栄養補助にも人気があるようです。

蜂花粉の効果・効能

蜂花粉は昔から栄養価が高いため疲労回復・滋養強壮として有名です。
免疫力を向上させることから、花粉症、喘息、鼻炎等のアレルギー性疾患にも利用されます。
貧血、整腸作用による便秘・下痢などの改善にも効果的なようです。

蜂花粉は多くの酵素やフラボノイドなどといった栄養成分を多種多様に含んでいることから、
それらの豊富な栄養素の相乗効果によって効能が得られるものであると考えられます。

蜂花粉は健康だけではなく、美肌や美容にも良い成分が含まれています。
豊富に含まれるビタミンB2は美肌づくりに欠かせない栄養ですし、
ビタミンAは皮膚や目に良いと言われています。

若い女性の間では、食事制限ダイエットで足りなくなった栄養を
ほとんどカロリーなしで補給できるので人気があるようです。

蜂花粉 、ロイヤルゼリー、プロポリス の違い

蜂花粉

蜂花粉とは、蜜蜂が集めてくる花粉のことです。
ロイヤルゼリーは花粉の処理を蜂にまかせましたが、
慧達の場合は乳酸菌で硬い殻を取り除き人が栄養を直接摂りやすくしています。

欧米では以前から人気がありましたが、日本では最近、人気が上がってきました。
ビタミン、アミノ酸、ミネラルなどが多数含まれています。
プロポリスやローヤルゼリーを作るもとにもなります。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、花粉を食べた若い働き蜂から分泌されます。
ローヤルゼリーは、炭水化物、脂質、身体の基本となる
アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、40種類以上の栄養成分を含んでいます。
ビタミンBグループ(とりわけパントテン酸(B15))は特に豊富です。

プロポリス

ハチが集めてきた樹液や花粉などに、蜂の唾液の酵素を
混ぜ合わせてつくりだしたもので、巣の内壁を作るために使います。

ハチミツ

ローヤルゼリーと蜂花粉 は花粉を利用しましたが、
ハチミツは花の蜜を蜜蜂が加工したものです。 
栄養もあり、甘くておいしく、量もとれるため食用に人気があります。

蜂花粉サプリ 慧達(えたつ)

蜂花粉は硬い殻で覆われていますので、そのまま食べると、
腸では吸収されにくく排泄されてしまうものも多いのです。

慧達は乳酸菌働きで、蜂花粉の硬い殻を取り除き栄養価を吸収しやすくした商品です。
蜂花粉の栄養を余すことなくお届けいたします。

NHKテレビの「ためしてガッテン」で
『70歳以上の5人に1人が新型栄養失調』が放映され
高齢者のビタミン・ミネラル不足による低栄養が問題になっています。

慧達は、ビタミン・ミネラル不足の解消にピッタリの商品です。